青汁の原料は購入前にしっかり確認しましょう

健康的な生活を送るためには日々の野菜不足を積極的に解消していく必要があります。そこでお勧めなのが青汁です。一度にたくさんの野菜の栄養をとることができるので、とても効率よく足りない栄養を補うことができますよね。
現代人の野菜不足は一日当たり、73グラムくらいといわれています。その分を補い、普段の食事にできるだけ野菜を取り入れるように心がけることができれば、野菜不足を解消することができるはずですよ。
青汁と一言で言っても、その原料は様々なものがあるということを覚えておきましょう。

どんなものが原料になるの?

原料になるのは、主に葉野菜です。ケールや大麦若葉などを主原料とする商品が多く、それだけしか配合されていないということもあります。商品によっては、そのほかにもブロッコリーやキャベツ、小松菜、モロヘイヤなど栄養価の高い葉野菜を豊富に配合しているものもあります。
主原料単品の栄養しか摂れない商品と、他にも野菜の種類があって、たくさんの野菜の栄養を一度に摂取することができる商品だったら、あなたはどちらを利用したいと思いますか?主原料を見比べて、自分の目的を満たしてくれる商品をしっかりと見極めることが大切です。
また、飲みやすくするために、葉野菜以外にリンゴやレモンなどの果物を配合したり、豆乳やカルシウムをプラスしてさらに栄養価が高くなっている商品もあります。商品を選ぶ時には、配合されている原料をしっかり確認するようにしましょう。

国産野菜にこだわりを持っている商品もあります

また、原料となる野菜の産地にこだわっている会社も多くあります。国産の野菜であることは、安心感にもつながりますよね。より安全に利用したいという気持ちが強い人は、産地についてもチェックしてから購入するのがおすすめです。

原料に注目して商品選びをしましょう

同じ青汁商品でも、原料は商品によって大きく異なります。商品の質や、青汁栄養価を決める大切な部分ですから、購入前にはしっかりと確認しましょう。

関連記事